おすすめの青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>の口コミや評判は?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

ご飯やパン・麺類などの炭水化物が大好き、野菜不足を感じている、仕事が忙しくて生活が不規則という皆さん、血糖値の高さを気にしたことはありますか?

体重や体型に比べ、血糖値の変化には気づきにくいものです。高血糖をほっといてしまうと、糖尿病や動脈硬化、脳卒中などの怖い病気につながる恐れがあります。

大正製薬の「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」は、食後の糖の吸収を穏やかにする食物繊維<難消化性デキストリン>を配合した、「トクホの青汁」なのです。これにより、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」のこだわりポイントは?

糖の吸収を穏やかにする「難消化性デキストリン」を配合

食後の血糖値が気になる方のために配合されたのが<難消化性デキストリン>です。この成分は糖の吸収を穏やかにする働きがあり、食事と一緒に摂ることで、飲んでいないときよりも糖が時間をかけてゆっくりと吸収されるようになるのです。

<難消化性デキストリン>とは?

とうもろこしやじゃがいもに含まれるデンプンを分解した後に残る未分解物を集めたもので、水溶性の食物繊維の一種です。その名の通り「消化されない(消化しにくい)」ものを集めた素材で、糖の吸収を穏やかにする働きがあります

「有機JAS」認定の九州産大麦若葉を採用

安心安全にこだわり、農薬や化学肥料を使用しないなどの厳しい規格をクリアした「有機JAS認定大麦若葉」を採用しています。九州産の大麦若葉は栄養バランスの良さで注目されており、アスパラガスの約9.5倍のビタミンB2、小松菜の約6.5倍の葉酸、ホウレンソウの約8.8倍の鉄分が含まれています。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>は他の青汁とは何が違うの?

食後の血糖値の上昇を抑えます

<難消化性デキストリン>には糖の吸収を穏やかにする働きがあり、食事と一緒に摂ることで、飲んでいないときよりも糖が時間をかけてゆっくりと吸収されるようになります。

体脂肪対策にもなる!

<難消化性デキストリン>が糖分の吸収の抑制サポートをするので血糖値が急上昇しなくてすみ、血中の糖分を体脂肪として溜め込もうと働くインスリンと呼ばれるホルモンの分泌が少なくなるため、体脂肪対策にも繋がります。

抹茶配合で美味しく飲みやすい

青汁は毎日飲んでこそ効果が実感できるもの。毎日飲みたくなるよう美味しさを追求し、抹茶を配合することで飲みやすさを実現しました。

特許製法「超微粉砕製法」で栄養素をしっかり残す

素材を搾らずに丸ごと粉砕する製法により、一般的な圧搾製法では搾りきれない食物繊維などの栄養素も余すところなく残しています。また、溶けやすくなるよう加工することにより滑らかな口当たりを実現。すっきりゴクゴクと飲むことができます。

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」の成分や効果は?

1袋に食物繊維はどれくらい入っているの?

1袋6.8g中、食物繊維は5.9g。そのうち食物繊維としての<難消化性デキストリン>は5.1g含有されています。

【栄養成分】
(1袋6.8あたり)
熱量:9.0kcal
たんぱく質:0.13g
脂質:0~0.1g
炭水化物:6.3g
-糖質:0~0.7g
-食物繊維:5.9g
食塩相当量:0~0.01g
関与成分(難消化性デキストリン):5.1g
また、九州産の大麦若葉には、アスパラガスの約9.5倍のビタミンB2、小松菜の約6.5倍の葉酸、ホウレンソウの約8.8倍の鉄分が含まれています。

・効果は?
食後の血糖値の上昇を抑え、糖の吸収を穏やかにします。
食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境のサポートが期待できます。
大麦若葉特有のSOD酵素が高い酸化ケア作用を持っているので、エイジングケアの働きがあります。
大麦若葉には小松菜の約6.5倍もの葉酸が含まれています。葉酸は妊娠中の方だけでなく幅広い年代・性別の方に必要な栄養素であり、フラフラ対策や生活習慣対策に役立ちます。
大麦若葉にはほうれん草の約8.8倍もの鉄分が含まれており、貧血・鉄分不足の解消に役立ちます。
日頃外食が多い方やなかなか野菜を食べる習慣がない方には、1日1杯でも野菜不足が改善されます。

■「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」はどんな人におすすめ?
・血糖値が気になる方におすすめです。
ほかにも、
甘いものが好きな方
ごはん類が好きな方
めん類が好きな方
野菜不足を感じている方
貧血気味で鉄分不足の方
腸内環境に悩む方
仕事が忙しく生活が不規則な方
運動不足を感じる方
にもおすすめです!
たくさんの人に選ばれる理由はこんなにも多くの効果が期待できるからなんです。

効果的な飲み方は?

食事と一緒に摂取すること

<難消化性デキストリン>配合の青汁には、食事中に含まれる糖分や脂肪分の吸収の抑制をサポートする作用があるので、食間よりも食事をと一緒に摂取するのがおすすめです。

野菜を摂れないときの食物繊維補給にも

野菜を食べられない食事の時の摂取もおすすめです。食物繊維の補給をすることができます。ただ、飲みすぎはお腹がゆるくなる場合があるので注意が必要です。

購入は大正製薬ダイレクト オンラインショップで!

定期お届けコースがお得

大正製薬ダイレクト オンラインショップでは、お得な定期お届けコースを購入することができます。定期お届けコースでは通常価格の10%OFFで購入できたり、毎回送料無料になったり、定期コース以外の商品も割引価格で購入することができます。また、自分のペースに合わせて一時休止や解約もできますので安心ですね。

血糖値が気になりだしたらトクホの青汁!「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」は、食後の血糖値上昇を抑制する働きを持つトクホの青汁です。

トウモロコシのデンプン由来の水溶性食物繊維である<難消化性デキストリン>が配合されており、食事と一緒に摂取することによって、糖の吸収を穏やかにしてくれます。それだけでなく、食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境のサポートが期待できます。

また、<難消化性デキストリン>が糖分の吸収の抑制サポートをするので血糖値が急上昇しなくてすみ、血中の糖分を体脂肪として溜め込もうと働くインスリンと呼ばれるホルモンの分泌が少なくなるため、体脂肪対策にも繋がります。

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」は、安心安全にこだわり、農薬や化学肥料を使用しないなどの厳しい規格をクリアした「有機JAS認定大麦若葉」を採用しています。

九州産の大麦若葉は栄養バランスの良さで注目されており、アスパラガスの約9.5倍のビタミンB2、小松菜の約6.5倍の葉酸、ホウレンソウの約8.8倍の鉄分が含まれています。

九州産大麦若葉のスゴイ力

大麦若葉特有のSOD酵素が高い酸化ケア作用を持っているので、エイジングケアの働きがあります。大麦若葉には小松菜の約6.5倍もの葉酸が含まれています。葉酸は妊娠中の方だけでなく幅広い年代・性別の方に必要な栄養素であり、フラフラ対策や生活習慣対策に役立ちます。

大麦若葉にはほうれん草の約8.8倍もの鉄分が含まれており、貧血・鉄分不足の解消に役立ちます。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

乳酸菌青汁
商品名ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>
メーカー大正製薬株式会社
公式URLhttps://www.taisho-direct.jp/products/detail/1205
定期価格3,694円(税込) 10%OFF
通常価格4,104円(税込)
1杯あたりの価格約123円
内容量6.8g×30袋
【青汁大好き!まりあからの一口メモ】

  • 難消化性デキストリンを配合
  • 難消化性デキストリンにより食後の糖の吸収を穏やかに
  • トクホの青汁だから安心