飲みやすい青汁

「ずっと飲み続けたい!」飲みやすい青汁の特徴と飲みやすさの一工夫

野菜不足に不安を抱えるあなたには「青汁」がオススメです。近年、野菜不足に悩み、体調が優れない方は増えています。栄養バランスが悪いせいで、体が弱っているのです。そんな方の味方となってくれるのが青汁です。青汁は食物繊維を筆頭に様々な栄養素を体に補給してくれ、体を健康にしてくれます。青汁を飲んで健やかな生活を送りましょう。

ただ青汁の欠点といえば、飲みにくさですよね?「まずそうだし飲みたくないな…」と青汁を飲むことを渋る方も多いはずです。そんな方に飲みやすい青汁をご紹介しましょう。飲みやすい青汁の特徴と飲みやすさアレンジをこちらで学び、青汁生活を始めてみてください。

マズさの原因は“原料”にあり!ケールがマズさの原因だった!

そもそも青汁がマズイ原因は“原料”にあります。昔は罰ゲームようにえぐみのあるマズイ青汁がありましたよね?これは原料に問題がありました。青汁と言えば昔はケールの入った青汁が一般的。このケールが曲者で、この原料のせいで青汁が罰ゲームに使えるくらいにマズイ代物に出来上がっていたのです。

飲みやすい特徴1 ケールに代わる原料が主原料である

ここ数十年で青汁業界は様変わりしました。理由は飲みやすさを重視して、ケールに代わる原料を見つけたからです。その原料というのが大麦若葉・明日葉・桑の葉です。特に大麦若葉は栄養バランスがケールに負けないくらい豊富で、その上さっぱりとした後味が魅力なのです。

そんなわけで、飲みやすい青汁を選ぶ場合は大麦若葉や明日葉や桑の葉を主原料にした青汁がオススメです。飲みやすい青汁にこだわる方は少なくてもケールが主原料ではない青汁を選んでくださいね。たったこれだけのことで、マズイ青汁を避けられるでしょう。

飲みやすい特徴2 青汁100%ではなく、味付けがされている

青汁の中には加糖されていたり、果物が入っているものもあるのです。このように味付けがされているものを意識的に選ぶと、飲みやすい青汁に当たります。
青汁の臭みを消すためにはこのような青汁を選ぶといいですね。ただ味が加工されているものは添加物も入っているので、健康のことを考えるとあまりオススメはできません。

飲みやすい特徴3 「粉末タイプ」の青汁である

青汁といえば、最近では液体タイプと粉末タイプが主流です。液体タイプはふたを開けてそのまま飲む通常の青汁で、粉末タイプは袋に入った粉の青汁を飲み物と混ぜ合わせて飲むタイプです。
実はこの2タイプの青汁の内、飲みやすい青汁に選ばれるのは「粉末タイプ」です。液体タイプの青汁は臭みが強くて、少々飲みにくいという欠点があります。それに比べて粉末タイプはしっかり混ぜればさっぱりと口当たりがよく、大変飲みやすいのです。液体タイプ特有の臭みもなく、ごくごく飲めるでしょう。

粉末タイプの青汁に一工夫!青汁をおいしくいただく方法!

粉末タイプの青汁をより一層おいしくいただくためには飲み方・食べ方に工夫を加えましょう。この粉青汁は飲み物に混ぜたり、食べ物に混ぜたりしていただきます。この青汁をおいしく食するためのおすすめの相棒をご紹介しましょう。

粉末青汁+牛乳=抹茶ラテ風味のミルク

粉末青汁と牛乳の相性はとってもいいです。粉末青汁と牛乳を混ぜ合わせると「あら不思議」抹茶ラテ風味になるのです。牛乳に抹茶味を足して少し甘くした感じで、まろやかなほっとする味です。あま~い和菓子とも合いそうで、おいしいですね。

粉末青汁+果汁入りジュース=果汁入りジュース

粉末青汁と果汁入りジュースの相性も抜群にいいですね。合わせると果汁入りジュースの味が勝って、ほとんどジュースを飲んでいる感覚です。これならお子さんも喜ぶでしょう。色は緑ですがおいしいジュースの味がします。リンゴジュースやオレンジなどと相性がいいので、おすすめです。

粉末青汁+飲むヨーグルト=飲むヨーグルト

粉末青汁と飲むヨーグルトの相性もいいですね。飲むヨーグルトは青汁の味をほぼかき消してくれるので、おいしく飲めますよ!ただ混ざりにくい粉末青汁の場合はダマになってうまく混ざらないことがあります。相棒にするなら水溶けがいい粉末青汁がおすすめです。

粉末青汁+ヨーグルト=抹茶風味のヨーグルト

粉末青汁とヨーグルトというのもいいですね。乳酸菌いっぱいのヨーグルトはお腹にもいいですし、混ぜ合わせると抹茶風味のヨーグルトに早変わりです。これがなかなかイケるので、パクパク食べられますよ。朝、お腹の調子を整えたいときなんかにとっても役立つのではないでしょうか?

まとめ

最初から青汁をマズイものだと決めつけてかかるのはやめましょう!最近の青汁はとっても美味しく飲みやすくなっていますよ。このような選び方、このようなアレンジを加えて、青汁をよりおいしく飲んでください。

飲みやすい青汁の特徴やおいしく飲むアレンジを参考にすると「ずっと飲み続けたい」と思うような青汁を見つけることができるでしょう。

飲みやすい青汁ランキング

1位 サントリーの極の青汁

極の青汁の効果やダイエットについてサントリーの極の青汁は熊本県阿蘇産などの国産大麦若葉や鹿児島県屋久島産などの国産明日葉の2種類を配合して、さらにはケルセチンというポリフェノールの一種である栄養素とアスパラガス、にんにく、玉ねぎ、ごぼうなどの野菜や蜂蜜に少量含まれているフラクトオリゴ糖まで配合しています。

毎日続くように抹茶や煎茶などを加えとても飲みやすい青汁です。

商品名極の青汁
メーカーサントリーウエルネス株式会社
公式URLhttp://www.suntory-kenko.com/
定期価格3,240円+税 10%OFF
通常価格3,600円+税
1杯あたりの価格約108円
内容量3.3g×30包
まりあ

【青汁大好き!まりあからの一口メモ】

  • 国産明日葉と大麦若葉使用
  • 野菜嫌いでもゴクゴク飲める
  • すっきりと毎日過ごせる

サントリーの極の青汁の口コミ

まみ

まみ(37歳) 評価:極の青汁の口コミとレビュー4.0
色んな青汁を試してみた結果に行きついたのが極の青汁でした。原料が国産なので安心感があるのと、粉末状ですが簡単に溶けるので牛乳と混ぜておいしかったです。

あかり

あかり(31歳) 評価:極の青汁の評価を教えます3.5
最近健康に気を使っている母にプレゼントしました。私は飲んでいないので母からの感想ですが、緑茶のような味わいで飲みやすくておいしいそうです!今は定期で購入しているそうです。

下田

下田(41歳) 評価:極の青汁の実際に飲んだレビュー4.0
野菜不足が気になり飲んでいます。朝起きて目覚めの1杯で飲んだり、ヨーグルトにかけてデザート代わりにして毎日とるようにしています。

2位 ホコニコのこだわり酵素青汁

ホコニコの青汁酵素と青汁を同時に飲みたい方にオススメなのが「ホコニコのこだわり酵素青汁」です!国産大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉など青汁には欠かせない4大野菜を中心に多穀麹由来の生酵素を配合し、さらに139種類の植物発酵エキスを配合もしています。青汁も気になるけど酵素も取りたい方はオススメです。

商品名ホコニコのこだわり酵素青汁
メーカー株式会社grateful
公式URLhttp://hoconico.com/ka/lp/
定期価格初回限定980円+税 約80%OFF ※2回目以降から価格変更アリ
通常価格4,800円+税
1杯あたりの価格約160円
内容量3g×30包
まりあ

【青汁大好き!まりあからの一口メモ】

  • 国産大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉使用
  • 多穀麹由来の生酵素配合
  • 139種類の植物発酵エキス入り

ホコニコのこだわり酵素青汁の口コミ

ハル

ハル(42歳) 評価:ホコニコで酵素青汁3.5
野菜不足が気になっていたので青汁を飲んでみたいと思い口コミも悪くなかったので飲んでいます。味はほんのり甘くて飲みやすいです。

まなみ

まなみ(33歳) 評価:ホコニコの口コミ4.0
酵素が気になって青汁で野菜不足も補えそうなので定期で購入しました。おすすめの飲み方は牛乳割りです。飲みやすいですがさらに飲みやすくなります。

じゅん

じゅん(52歳) 評価:酵素青汁のレビューはこちら4.0
国産の原料が使われてる青汁が飲みたくてこの青汁にしました。最近は色々国産じゃないと心配なので安心して飲んでいます。