青汁乳酸菌
乳酸菌はチーズやヨーグルトに多く含まれることで知られている健康には欠かせません。

腸乳酸菌でイキイキサポート

乳酸菌は丈夫な毎日に欠かせない栄養素です。乳酸菌といっても、さまざまな種類があり、偏って摂取するよりもバランスよく取り入れることが重要なポイントです。

乳酸菌の代表的な5種類

  • ビフィズス菌
  • ガセリ菌
  • ラブレ菌
  • ラクリス-S
  • 乳酸菌抽出物LFK

青汁から摂ればさらにパワーアップ!

akudamakin
乳酸菌の働きをさらにアップさせるために、一緒に摂ると相性の良い栄養素があります。それは水溶性食物繊維とオリゴ糖。この2つは腸内の善玉菌や乳酸菌のエサになる成分です。水溶性食物繊維は水に溶けやすい種類の食物繊維です。

食事バランスを考えて摂取できればいいのですが、毎日となると大変ですよね。そこで、青汁の出番です。乳酸菌入りの青汁はたくさん販売されています。野菜由来の健康食品ですので、食物繊維だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富

粉末タイプの場合は、ヨーグルトに入れてオリゴ糖をかけて食べるとさらに美味しく、効率的に栄養素を身体に届けることができます。食べる時間帯に決まりはありませんが、活動的な1日の始まりに朝食時などに摂り入れてみてはいかがでしょうか。

乳酸菌入り青汁を飲む時の注意点

乳酸菌飲むにあたって、いくつかの注意点があります。まず、菌は熱に弱いということ。寒い季節ですと、ついホットで飲みたくなってしまいますが、60度以上加熱すると、30分ほどで死んでしまいます。

まったく働きがなくなるわけではありませんが、できるだけ生きたままがより良く働きます。冷たすぎると身体が冷えますので、できるだけ常温で摂取するように心がけましょう。

また、いくら身体にいいと言っても摂りすぎてしまえば逆効果です。青汁にはたくさんの栄養素が詰まっています。それらを過剰に摂取しては、栄養過多になり、不調を起こす場合があります。
まりあがオススメの乳酸菌入りの青汁はゼリータイプの『黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』でいつでもどこでも食べることができるので乳酸菌を摂ることができます!

メリハリのある規則正しい生活を心がけ、適度に運動することが、丈夫な身体作りのためにはとても重要です。特に大切なのは食事習慣。毎日3食、きちんとバランスよく食べることは意外と大変かもしれません。乳酸菌青汁を取り入れれば、より手軽に効率よく毎朝のスッキリをサポートしてくれます。