青汁おいしい
青汁を飲み始めたけれど、思っていたような働きを実感できなかった、とがっかりしている方もいるかもしれません。青汁は薬とは違い、病気を「治療」する力はありません。ただし、飲み続けることでより健康維持に役立ちます。

青汁のメリットは手軽さにあり

青汁を飲む目的は健康になりたい、キレイになりたい、など人それぞれ違いがあると思います。ですが、飲むことによって問題に直接働きかけ、ケアしてくれるのかというと、そういうものではありません。

1日に推奨されている野菜摂取量は350gです。同じ野菜ばかり食べていてはバランスが偏りますから、葉や実、茎などさまざまな種類を食べなければなりません。もちろん、肉や魚、豆なども食べなければいけませんから、金銭的にも時間的にも余裕がないと難しいですよね。単純に、そんなにたくさんお腹に入らない人もいるでしょう。
手軽に青汁
商品によって違いがありますが、青汁なら、1日の摂取目安量が1杯から3杯程度で摂ることができます。。含まれている栄養そのものを摂取することは、バランスの良い食事を心がけていれば不可能なことではないかもしれません。ただ、忙しい現代人には難易度がとても高いのが現状です。青汁はあくまでも簡単に栄養をチャージするためのサポートドリンクです。

健康サポートに役立つ栄養満載

栄養補給の青汁
では、青汁には健康的な身体にしてくれる働きがないのかというと、必ずしもそうではありません。これさえ飲んでいれば大丈夫、というものではありませんが、必要な栄養を摂取し、健康維持に役立ちます。

体のリズムをサポート

体のリズムが乱れていることで、毎日なんとなくすっきりしない日々を過ごしている方もいるかもしれませんね。青汁には体のリズムをサポートする成分が豊富に含まれています。

体の活性化をサポート

青汁は体を活性化して、寒さが苦手な方などの健康維持に役立ちます。

美容ケア

体のリズムと活性化をサポートすることで美容ケアに役立つため、特に女性には嬉しい働きがあります。

青汁は、健康維持のために摂り入れたい健康食品です。実感を得るためには、守らなければならないポイントがいくつかあります。

大切なことは3つ 続ける・多量摂取しない・余計なものは摂らない

青汁と野菜
具体的には、正しい働きを感じやすくするために気を付けたいことは3つ。簡単なことばかりですが、意識するのとしないのではまったく違います。ぜひこれらのことを守って、健康を維持できるようにしましょう。

継続は力! 毎日続けることで本当の働きがあらわれてくる

野菜盛り個人差もあるので一概には言えませんが、サプリメントはお薬ではないので、即効性があるものではなく継続的に飲み続けることで、働きを感じることができるようになります。

飲みすぎはNG 決められた量を守ることを徹底して

早く実感したいあまり、決められた量以上をガブガブと飲んでしまっては栄養過多になり、かえってよくありません。特に、食物繊維がたっぷり含まれているため、摂りすぎは下痢や便秘の原因になります。

主成分以外は、何が入っているの? 添加物に注意

妊婦相談今ではたくさんのメーカーから販売されていますが、購入前によく成分を確認しましょう。中には添加物ばかりのあまりよくない商品も出回っています。続けるためには飲みやすさも重要ですが、糖質や甘味料の摂りすぎは身体に負担がかかります。
無添加の青汁を選択する場合は、保存料が入っていないのでカビなどに注意しましょう。できるだけまとめ買いは控え、傷んだものは絶対に飲まないようにしてください。

青汁はお薬ではありません。より健康的な毎日を送るためのサポートをしてくれる健康食品です。選び抜いた商品を毎日きちんと続けることで、さらに充実した日々を送っていきましょう。