抹茶
青汁の働きを高めるには、何で割って飲むかも重要です。牛乳なら、健康パワーと味、両方のレベルを上げられるのでおすすめです。まろやかで美味しいドリンクを飲み続けるうちに、健康な身体を目指していける、そんな理想を叶えるためにも、ぜひ生活に取り入れてみてください。

牛乳は3大栄養素を含む優秀な飲み物!

栄養素
人間の身体を作るには、3つの栄養素が必要になります。それは炭水化物、たんぱく質、脂質です。これらをすべて含む飲み物が牛乳。カルシウムが豊富というイメージがありますが、ビタミンやミネラルなども摂取することができます。

乳製品ですので、動物性の飲み物です。これに植物性の栄養素をふんだんに含む青汁をプラスすることで、よりバランスの取れたドリンクができあがります。

丈夫な体を作るために欠かせないカルシウムは、穏やかな毎日をサポートする働きも持ちます。青汁の主原料であるケール、大麦若葉、桑の葉もまた、カルシウムの宝庫。牛乳にはカルシウムの吸収をよくする働きもありますので、牛乳と青汁を組み合わせればより効率がよくなります。

食物繊維はマイナス要素?摂りすぎなければ問題なし

食物繊維
牛乳に青汁を混ぜることでカルシウムも効率よく摂取できると書きました。しかし、食物繊維を過剰に摂取するとカルシウムの吸収を抑える働きがあります。では、別々に飲むほうが互いの働きを引き出しやすいのでしょうか? 結論から言えばNO。日々の生活の中で食物繊維を摂りすぎてしまうことはめったにありません。

食物繊維は不規則な生活習慣で溜め込みがちな方をサポートしてくれます。18歳以上の摂取目標は、男性が19g、女性が17gです。普段の食生活の中で目標を達成することは意識しなければなかなかできません。でも青汁を飲めば簡単に摂取できます。

抹茶ミルク風味になるのでおすすめ

子供にも人気
健康によさそうなのはわかるけれど、味が苦手……という方もいるかもしれませんね。確かに一昔前は「まずい」という認識が一般的でした。まずいほど健康的というイメージもあったかもしれません。しかし、最近では独特の青臭さが薄まり、より栄養価の高い商品がたくさんあります。

クセが少なくなったとは言っても、ジュースではありませんから、ただ水に溶いて飲むだけでは味気なく感じてしまうこともあるかもしれません。牛乳と混ぜることで、栄養面だけでなく、美味しさもアップさせることができます。抹茶ミルクのような感覚で飲めますので、毎日続けることにストレスを感じなくなるでしょう。美味しいからと言って、飲みすぎないように注意してください。

※成長期のお子様は、食事での栄養補給を第一に考えましょう。
どうせ飲むのなら、より健康に良い飲み方を工夫したいですよね。また、毎日続けなければ本当の働きはなかなか実感できません。好きな味なら、楽しく継続できそうですね。美味しく飲んでいるうちに、より日々を健やかに過ごせる、というのが理想。ぜひ、牛乳青汁を日々の生活に取り入れてみてください。