野菜不足に青汁
健康のためには野菜を毎日食べることが大切ですが、これはなかなか難しく、食糧不足とは無縁の日本でも毎日十分な量の野菜を食べている人が少ないと思われます。
野菜不足は特に一人暮らしなどで外食に頼りがちな人には顕著だと思われます。

特にコスパを重視した飲食店のメニューはメインの肉や魚料理にご飯と味噌汁という構成が多く、野菜は付け合わせ程度しかない場合が多いです。この場合の付け合わせ野菜は栄養バランスというよりは味の濃いメイン料理の口直しが目的で添えられている感じです。これは同じくコスパ重視の弁当屋やコンビニ弁当でも同じことがいえるかと思います。

一人暮らしで毎日仕事に出ている人は上記のような食事に頼ることが多くなり、どうしても野菜の摂取が不足してしまいがちです。サラダを別途で買って食べれば野菜不足はある程度補えますが、野菜不足を意識して毎回サラダを買う人は意外と少ないと思われます。

野菜不足、つまり肉や魚ばかり食べて栄養バランスが偏るのは避けたほうがいいでしょう。

では実際野菜不足で気を付けるポイントは何でしょう。
本稿では野菜不足気を付けるポイントを解説し、さらに野菜不足の食生活を改善するためにオススメの健康食品、青汁を紹介します。

野菜の栄養とはビタミンと食物繊維です

ビタミンと食物繊維
野菜に含まれる栄養は主にビタミンと食物繊維です。野菜でビタミンと食物繊維を摂取している、という認識でOKです。野菜によっては、少量のミネラルや鉄分、カルシウムも含まれます。

ビタミンは肉や魚にも多少は含まれますが、必要な分のビタミンを肉や魚から摂取しようとするとかなりの量となり、カロリーオーバーになるためビタミンは野菜から摂取するのがおすすめです。

野菜を煮込んでスープにした場合、そのスープにビタミンが溶け出るためスープを飲めばOKです。魚を生食するお刺身はそれなりにビタミンを含むメニューといえます。

もう1つ野菜に多く含まれる栄養素に食物繊維があります。食物繊維は栄養というよりは、名前から繊維状のものや、ハチの巣状、へちま状のような表面に多数の穴がある形状をしています。そんな形状から物質を吸着する特徴があります。

食物繊維はダイエッター向けの食品などに摂り入れられています。また、食物繊維は美容もサポートできる栄養素のため、野菜不足は美容の敵ともいえます。

野菜不足が気になる方には青汁がおすすめです。

野菜不足は食物繊維とビタミンの不足が日々の活力に影響することもあります。健康を維持するためには野菜を毎日食べ、ビタミンと食物繊維をしっかり摂取することが大切です。

厚生省が推奨する一日に食べるべき野菜の量は約350gです。ほうれん草なら売られている一束が約300gです。トマトは1個が約100~150g、白菜なら葉1枚で約100g、キャベツなら葉2枚で約100gです。

350gの野菜は一食で摂取するのはかなり厳しく、1日3食を100gずつくらい摂取するのが現実的かもしれません。しかしそれを毎日続けるのは特に一人暮らしで食事の準備にあまり時間が取れない人などは厳しいかもしれません。

そこで毎日の食生活で野菜不足を補うのにオススメなのが【青汁】です。青汁といえば不味いけど健康に良い、で有名な健康食品です。青汁は緑葉野菜を原料とした野菜ジュースです。青汁の主原料はケール、明日葉、大麦若葉の3種類が使われることが多いです。

この3種類の野菜はどれも葉物野菜でビタミンも食物繊維も非常に豊富に含まれています。毎日の食事で野菜をしっかり食べることが出来ない場合は青汁を飲むようにすれば野菜不足を補う助けとなります。いわゆる野菜ジュースと同様にごく短時間で摂取できるため忙しい人に最適です。

現在、青汁は多くの健康食品メーカーから商品化されていますがそのほとんどが水に混ぜて作る粉末タイプです。そのため仕事場に持っていき、仕事の休憩時間に飲むこともできます。

さすがに青汁だけで一日の野菜350g分を完全にカバーすることは難しいです。しかし青汁を毎日飲むようになれば必要な野菜不足のサポートが可能です。青汁の主原料は緑葉野菜のため、バランスを考えると青汁以外で食べる野菜は緑黄色野菜やキノコ類、海藻類が良いでしょう。

ちなみに青汁は味が青臭くて不味い飲み物としても有名です。苦手な人は毎日飲むのは難しいかもしれません。青汁の味が苦手だという人は青汁の中でも大麦若葉を主原料とした製品を飲むのがオススメです。大麦若葉は青汁の中でも飲みやすさが特徴であり、その味は抹茶に近い感じです。

青汁の不味さを考慮し、飲みやすく調合した製品もあるため、飲みやすいタイプの青汁を探すのも良いかもしれません。

まとめ

野菜は毎日350g食べることが推奨されていますが毎日忙しくて食事の準備に時間をかけることが出来ない人にはなかなか難しい話です。そこで手軽に野菜不足を補うオススメの健康食品が【青汁】です。

青汁はケール、明日葉、大麦若葉など、緑葉野菜を主成分とした野菜ジュースです。毎日飲めば野菜不足の補助にピッタリです。ほとんどの製品が粉末タイプのため水に溶かして簡単に作れ、持ち運びも容易です。

青汁は主成分が緑葉野菜のために青汁以外で食べる野菜は緑黄色野菜やキノコ類、海藻類にすれば理想的な野菜摂取バランスとなります。青汁は一人暮らしなどで毎日忙しく、野菜をしっかり食べることが出来ない人の栄養補助に最適な健康食品といえます。

1位 サントリー 極の青汁

極の青汁の効果やダイエットについてサントリーの極の青汁は熊本県阿蘇産などの国産大麦若葉や鹿児島県屋久島産などの国産明日葉の2種類を配合して、さらにはケルセチンというポリフェノールの一種である成分とアスパラガス、にんにく、玉ねぎ、ごぼうなどの野菜や蜂蜜に少量含まれているフラクトオリゴ糖まで配合しています。

毎日続くように抹茶や煎茶などを加えとても飲みやすい青汁です。

商品名極の青汁
メーカーサントリーウエルネス株式会社
公式URLhttp://www.suntory-kenko.com/
定期価格3,240円+税 10%OFF
通常価格3,600円+税
1杯あたりの価格約108円(定期の場合)
内容量3.3g×30包
まりあ

【青汁大好き!まりあからの一口メモ】

  • 国産明日葉と大麦若葉使用
  • 野菜嫌いでもゴクゴク飲める
  • すっきりと毎日過ごせる

サントリーの極の青汁の口コミ

まみ

まみ(37歳) 評価:極の青汁の口コミとレビュー4.0
色んな青汁を試してみた結果に行きついたのが極の青汁でした。原料が国産なので安心感があるのと、粉末状ですが簡単に溶けるので牛乳と混ぜておいしかったです。

あかり

あかり(31歳) 評価:極の青汁の評価を教えます3.5
最近健康に気を使っている母にプレゼントしました。私は飲んでいないので母からの感想ですが、緑茶のような味わいで飲みやすくておいしいそうです!今は定期で購入しているそうです。

下田

下田(41歳) 評価:極の青汁の実際に飲んだレビュー4.0
野菜不足が気になり飲んでいます。朝起きて目覚めの1杯で飲んだり、ヨーグルトにかけてデザート代わりにして毎日とるようにしています。

2位 ホコニコのこだわり酵素青汁

ホコニコの青汁酵素と青汁を同時に飲みたい方にオススメなのが「ホコニコのこだわり酵素青汁」です!国産大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉など青汁には欠かせない4大野菜を中心に多穀麹由来の生酵素を配合し、さらに139種類の植物発酵エキスを配合もしています。青汁も気になるけど酵素も取りたい方はオススメです。

商品名ホコニコのこだわり酵素青汁
メーカー株式会社grateful
公式URLhttp://hoconico.com/ka/lp/
定期価格初回限定980円+税 約80%OFF ※2回目以降から価格変更アリ
通常価格4,800円+税
1杯あたりの価格約160円
内容量3g×30包
まりあ

【青汁大好き!まりあからの一口メモ】

  • 国産大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉使用
  • 多穀麹由来の生酵素配合
  • 139種類の植物発酵エキス入り

ホコニコのこだわり酵素青汁の口コミ

ハル

ハル(42歳) 評価:ホコニコで酵素青汁3.5
野菜不足が気になっていたので青汁を飲んでみたいと思い口コミも悪くなかったので飲んでいます。味はほんのり甘くて飲みやすいです。

まなみ

まなみ(33歳) 評価:ホコニコの口コミ4.0
酵素が気になって青汁で野菜不足も補えそうなので定期で購入しました。おすすめの飲み方は牛乳割りです。飲みやすいですがさらに飲みやすくなります。

じゅん

じゅん(52歳) 評価:酵素青汁のレビューはこちら4.0
国産の原料が使われてる青汁が飲みたくてこの青汁にしました。最近は色々国産じゃないと心配なので安心して飲んでいます。